江戸時代、全国的に広がった有松・鳴海絞り。大高地区にも古くから、絞りを扱う業者がいました。
 「有松・鳴海絞り」と違って、「大高絞り」と名の付くブランドはありません。聞く処によると 「有松・鳴海絞り」は木綿が主ではあるが、「絞り」といっても「括り」「染色」「販路」が一体化してブランド力が生まれる。
しかし、大高では絹布に「括り」をする技は素晴らしいものがある。しかし、「染」は京都に出して「京絞り」として販売をしていたそうです。これて゜は大高絞りは、ブランド化しませんよネ。「括り」の技は素晴らしいものですが「幻の大高絞り」と言わざるを得ません。この「括り技」を何とか残せないものでしょうか?{大高絞り}の復活はあるのでしょうか?

     
豊後絞り 絞りの実演