史跡    

大高城の築城年代は不詳ではあるが、室町後期(戦国時代)に東浦・緒川城主の水野氏の出先の砦とされていた様である。もともとこの地は尾張国の守護・土岐(頼康)氏の領有する地であり、守護代として花井備中守を大高城主として派遣。その後土岐氏の力が弱体化すると再び水野氏が大高城を取り戻し(水野大膳亮)が城主となった(織田方)。しかし、鳴海城の山口左馬之助教吉は織田を見限り今川方に付くと水野氏は大高城を放棄。大高城は桶狭間の戦の時、今川の鵜殿長照が守り、松平元康(徳川家康)の兵糧入れは有名である。
 その後、今川の敗北により元康は故郷の岡崎に帰り、江戸幕府の成立により志水氏が大高城主となったが、江戸幕府の滅亡と共に城は取り壊された(昭和13年国指定文化財)。 
 鷲津砦跡・丸根砦跡、永禄2年織田信長が大高城を包囲するように築いた砦。桶狭間の戦の前哨戦となった地で現在は碑石が建っている(昭和13年国指定文化財)

     
大高城址 鷲津砦跡 丸根砦跡