侍     

大高に関わる侍には花井備中守(戦国中期・大高城築城?) 水野大善亮(戦国末期・大高城主)志水甲斐守(江戸期・尾張藩付家老、大高城主)が挙げられます。その他、戦国期には織田信長VS今川義元の「桶狭間の戦い」で多くの武将達が「大高」に関わりを持った。その最たる人物が徳川家康(松平元康)である。彼は今川軍の先鋒として織田軍に取り囲まれた大高城を守る鵜殿長照に兵糧を届け、その後、丸根砦(織田軍・佐久間大学盛重)、鷲津砦(織田軍・織田玄蕃秀敏、飯尾近江守定宗)を撃破した。
 これ以外にも山口海老丞(笠寺城)、山口左馬之助教吉(鳴海城)も大高に関わる武将として忘れてならない人物である。

     
織田信長像 徳川家康図 花井播磨守信忠公五輪塔